ユーザー登録
文字サイズ

広報しき 平成31年4月号

〈特集〉平成31年度予算〜未来を見据え歩む志木〜(3)

3/70

埼玉県志木市

▼未来を支えるまちづくり
▽市営墓地の拡張整備 2億5,894万円
市民の墓地に対する需要が高まっていることを踏まえ、柏町にある市営墓地の拡張整備を実施します。整備にあたっては、近年の家族形態の多様化に伴う新たな墓地のニーズに応えるため、継承者がいなくても利用できる合葬式墓地も設置します。

▽消防団第4分団単独車庫の新設 5,974万円
消防団による消防・防災活動の強化を図るため、現在、消防団第5分団と共同で使用している消防団第4分団車庫を新たに担当エリア内に単独で整備します。

▽新市庁舎の建設(現市庁舎の解体)平成31年度計上額 1億6,800万円 ※解体費総額(継続費) 4億2,000万円
新市庁舎の建設に向けて、2020年1月より現市庁舎の解体に着手します。今後、2022年度の供用開始を目指して、4か年の新市庁舎建設事業を着実に進めます。

▽柳瀬川駅前自転車駐車場の改修 1,831万円
施設の老朽化に伴い、屋上などからの漏水を防止するため、屋上等防水対策工事を実施します。

▽橋梁(りょう)長寿命化修繕計画の策定 374万円
橋りょうの長寿命化と安全性・信頼性を確保し、維持管理コストの縮減と予算の平準化を図るため、国が定めた道路橋定期点検の診断結果をもとに、「志木市橋梁長寿命化修繕計画」を策定します。

▽小・中学校体育館空調設備工事の設計 3,993万円
災害時における体育館の避難所機能の強化と記録的猛暑をはじめとする異常気象から子どもたちの健康を守るため、市内全小・中学校の体育館への空調設備の設置に向けた工事の設計を実施します。

■平成31年度予算の主な事業概要
▼健全でわかりやすい行政運営
▽市税などの徴収強化の推進 52万円
市税などの納期内納付を促進するため、口座振替の利用者増加に向けた口座振替勧奨キャンペーンを実施します。
また、残高不足で引き落としができなかった口座振替登録者のうち、携帯電話番号を登録している人などに対して納付期限前の残高確認をショートメッセージでお知らせするシステムを導入します。

▽公用車を活用した事業PR及び啓発の拡充 65万円
事業PRや啓発を効果的に行うため、公用車にマグネットシートを貼り、広く周知を図ります。

▼まちづくりサポート基金活用事業
▽志木市におまかせコース 330万円
水害対策用の可搬式排水ポンプの更新や消防団が使用する備品を整備し、地域の防災体制の強化を図ります

▽環境保全・地域経済の充実コース 270万円
志木駅東口駅前広場及びペデストリアンデッキに設置したイルミネーションの更新を行うほか、広報大使であるカパルの遠征などに係る活動費の一部を補助し、志木市のさらなるアピールを図ります。

▽子育て支援・福祉環境の充実コース 173万円
保育園で使用する視聴覚教材用備品などの整備を行い、保育環境の充実を図るとともに、市民が利用できる自動血圧計や検診用備品を購入し、健康福祉の充実を図ります。

▽都市基盤の充実コース 342万円
劣化が著しい公園遊具の更新を行い、安全で安心して利用できる環境を整備するとともに、放置自転車対策として、志木駅東口バス停付近にベンチを設置し、市民が安全に通行できる環境をつくります。

▽教育環境の充実コース 343万円
小学校に大型テレビを配備し、ICT教育環境の充実を図るとともに、CD・DVD研磨機を導入し、図書備品の保守を行うことで、図書館の利用促進を図ります。

○まちづくりサポート基金残高 平成31年1月31日現在
合計 2,457万円

▼特別会計・企業会計
特別会計や企業会計は、市が特定の事業を行う場合に一般会計と区別して設置し、その特定の歳入をもって特定の歳出に充てるものです。

特別会計

企業会計

※収益的支出予算額と資本的支出予算額の合計

▼平成31年度予算
○一般会計:248億円 対前年度比+9億3,500万円(3.9%増加)

○予算総額:424億8,167万円
一般会計・特別会計・企業会計を合わせたもの 対前年度比+13億7,991万円(3.4%増加)

▽歳入 一般会計歳入内訳
歳入のおよそ半分を占める市民税や固定資産税をはじめとする市税の予算額は108億5,961万円で、平成30年度に比べ、およそ1億219万円の増加を見込んでいます。

・主な増加の内容
市民税:市内人口の増加による納税義務者の増や雇用・所得環境の改善に伴う個人所得の増などにより増加の見込み(前年度比3,222万円増
固定資産税:家屋の新築・増築により増加の見込み(前年度比5,376万円増)

▽歳出 一般会計歳出内訳
市の事務や庁舎管理、市民活動の推進などのための総務費、住民福祉推進のための民生費、環境対策や保健衛生のための衛生費が増加しています。

・主な増加の内容
総務費:現市庁舎の解体や仮庁舎への機能移転費用、志木駅ホームドア整備促進事業費負担金の増額などにより増加(前年度比2億7,787万円増)
民生費:民間の認可保育園などの新規開園に伴う運営費や民間の認可保育園の整備補助金、国民健康保険特別会計繰出金の増額などにより増加(前年度比4億2,132万円増)
衛生費:市営墓地拡張整備事業や朝霞保健所管内小児救急医療支援事業補助金の増額などにより増加(前年度比3億3,346万円増)

※表示けた数未満は四捨五入

問合せ:財政課
【電話】内線2255

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル