ユーザー登録
文字サイズ

広報しき 平成31年2月号

〈特集〉カパルと「てっぺん」へのキセキ

1/69

埼玉県志木市

2018年11月、(公財)志木市文化スポーツ振興公社の公式キャラクターで、志木市広報大使のカパルが、埼玉県勢では、はじめて「ゆるキャラⓇ」の頂点(てっぺん)に輝きました。たくさんの応援、ありカパールっ!
※紙面又はHPで画像をご覧ください。

■7月23日、最後の挑戦が幕を開ける
8月1日に投票開始を控えた7月23日20時40分、ツイッターを通してカパルが最後のグランプリ参戦を表明。その情報は瞬く間に拡散し、最終的には、1千500件を超えるリツイートと700件近いメッセージがカパルのもとへ届けられました。
市でも、広報大使カパルの最後の挑戦をバックアップするべく、7月27日に急遽、市役所で応援会を開催。会場には、たくさんのカパラーさん(カパルを愛するサポーター)も駆けつけ、カパルの決意表明や市長とのカパル体操の模様は、各種メディアでも取り上げられました。

■大きな流れを作り出した「仲間」たちの応援
投票開始直後は、1位になるなど快調な滑り出しを見せましたが、踏ん張りきれずジワジワと順位を落とすカパル。そんな状況を打開するべくはじまったのが、カパラーさんの有志による駅前でのチラシ配りでした。
その姿に触発されたカパルも、いっしょになって朝夕の駅に立ちPR活動を行い、カパルの参加がなくなっても、カパラーさんによる活動は続けられました。
また、10月4日には、市長とともに上田県知事のもとへ応援のお願いに訪問したところ、トコろん氏(所沢市)、ふっかちゃん氏(深谷市)、はにぽん氏(本庄市)、ムジナもん氏(羽生市)が駆けつけ、埼玉県初となるグランプリ獲得へ向け、心強い声援をもらいました。
得票数で厳しい状況が続いていましたが、終盤に差しかかるにつれ、市民や地元事業所からの応援、また、ふなっしーやGゴトウチキャラバンドCB47メンバーをはじめとするカパルと親交のあるキャラさんたちによる応援の輪も広がり、1日1万票の大台にも到達するなど、なんとか「てっぺん」が見える順位をキープし続けることができたのです。

■花園で報われた、これまでの想い
多くの注目が集まる中、11月17日・18日に開催された東大阪市での最終現地投票。
会場となった花園中央公園には、最後の最後まで懸命に投票を呼びかけるたくさんのカパラーさんや、自分への投票をカパルに託すキャラさんなど、カパルが積み重ねてきたこれまでの集大成がそこにはありました。
そして迎えたグランプリ獲得の瞬間。それは、たくさんの「仲間」の想いが報われた瞬間であり、表彰式で涙ながらに謝辞を述べる、カパルと苦楽をともにしたアテンドの権田原花子(ごんだわらはなこ)さんの固い決意が実現した瞬間でもありました。

■これからのカパルと志木市
グランプリを獲得して、さらに忙しくなったカパルですが、これまでと変わらず、これまでどおりのカパルであり続けると言います。応援してくれた市民やカパラーさん、キャラさんたちへのお礼の際も、みんな温かく祝福してくれました。これは、仲間を大切にし続けるカパルだからこそだと思います。
特別住民票も発行され、ますます志木市には欠かせない存在になったカパルですが、市ではこれからもヌメヌメとご協力をいただきながら、カパルを応援することを通して、志木の魅力や元気を発信していきます。

問合せ:秘書広報課
【電話】内線2009

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル