ユーザー登録
文字サイズ

市・県民税、所得税の申告はお早めに

5/65

埼玉県志木市

平成30年度分(平成29年分)の市・県民税、所得税の申告時期になりました。申告期限間近になると、申告会場は大変混雑しますので、お早めに申告をお済ませください。

◆市・県民税の申告は市役所で
日時:2月16日(金)~3月15日(木)(土・日曜日は除く) 9時~16時
※2月18日(日)は申告書の受付を行います。
場所:市役所
※所得税の確定申告は、上記期間中のみ市役所で受付します。なお、上記期間外及び給与、年金、雑、配当、一時所得以外の所得のある人、住宅借入金等特別控除(初年度)、外国税額控除、雑損控除の適用を受ける人、過年分の確定申告は市役所では受付できませんので、朝霞税務署で申告してください。

◆市・県民税の申告が必要な人
例えば…
●平成29年1月1日~12月31日に収入がない(この収入には雇用保険、健康保険給付(傷病手当金など)、遺族・障害年金などの非課税所得は含まれません)。
●志木市内に住む親族の扶養になっていない。

「市民税・県民税の申告が必要です。」
※市民税・県民税申告の必要の有無は、紙面又はHPのフローチャートからご確認ください。

◆申告に必要なもの
(1)印鑑
(2)給与及び年金所得者は、平成29年分の源泉徴収票
(3)事業所得者・その他の所得のある人は、所得金額が証明されるもの
(4)平成29年中に支払った生命保険料、地震保険料の控除証明書、社会保険料(国民年金、国民健康保険、後期高齢者医療保険料、介護保険料)の領収書や支払証明書
(6)医療費控除を受ける人は、平成29年中に支払った医療費などの明細書(保険金などで補てんされた金額がある場合は、 その金額がわかる書類など)
(7)障害者控除を受ける(扶養者を含む)人は、障害者手帳など障がいの程度が確認できるもの
(8)学生の人は、学生証または在学証明書
(9)そのほか申告に必要なもの(例:収入のある配偶者を扶養する場合は配偶者の所得がわかる源泉徴収票、個人番号確認書類(通知カードなど)及び本人確認書類(運転免許証など))

◆医療費控除でセルフメディケーション税制が選択可能に
平成29年分確定申告及び市・県民税の申告から、健康の保持及び疾病の予防への一定の取組(健康診断・予防接種など)を行った人で、特定一般用医薬品などを購入している人は、従来の医療費控除に代えて、セルフメディケーション税制による医療費控除の特例を受けることができます。
◇添付または提示が必要な書類
●セルフメディケーション税制の明細書(添付)
●適用を受ける年分で一定の取組を行ったことを明らかにする書類(添付または提示)
例:予防接種の領収書、健康診断の結果通知書など

◆医療費控除に関する添付書類の見直し
平成29年分の確定申告及び市・県民税の申告から、領収書の提出の代わりに、「医療費控除の明細書」の添付が必要となりました。
※1記入内容の確認のため提出などを求める場合があるので、領収書は自宅で5年間保存する必要があります。
※2平成31年分の申告までは、従来どおり領収書の添付または提示によることもできます。
※3事前に「医療費控除の明細書」を作成し持参すると手続きがスムーズに行えます。その際、記載漏れなどがないか確認するために領収書を持参することをお勧めします。
◇寝たきりの場合のおむつ代の医療費控除
おむつ代の医療費控除をはじめて受ける人は、医師が発行する証明書が必要です。
医療費控除を受けるのが2回目以降の人は、当該年度に作成された介護保険の主治医意見書に「寝たきり状態であること」と「尿失禁発生の可能性があること」の記載があれば、市役所より「おむつ代の医療費控除確認書」を発行することができます。確認書が必要な人は、事前にお問い合わせください。
問合せ:長寿応援課 内線2426

◆郵送での申告なら、待ち時間ゼロ!
市・県民税申告書に必要事項を記入のうえ、必要書類、医療費控除を受ける人は医療費控除の明細書などを必ず添付し、課税課へ郵送してください。
※(参考)申告会場の混雑状況
初日から3日間、最終日前3日間、月曜日・水曜日…非常に混雑

●所得税などの確定申告会場の開設
会場:朝霞税務署
期間:2月16日(金)~3月15日(木)
受付:8時30分~16時
相談時間:9時~17時
※土・日曜日、祝休日を除く。ただし、2月18日(日)・25日(日)は開場。
※相談内容が複雑な場合は、15時までにお越しください。相談が17時を過ぎる場合には、再度お越しいただく場合があります。
※確定申告会場は大変混雑するため、長時間お待ちいただく場合や受付を早めに締め切る場合があります。
※駐車スペースが限られているため、お越しの際は公共交通機関をご利用ください。
●税務署に行かなくても、申告書が作成できます!
自宅のパソコンから、画面の案内に従って金額などを入力するだけで申告書が作成できます。
(1)印刷して郵送などで提出
(2)インターネット(e-Tax)で送信
※入力方法などに関するお問い合わせは[【電話】0570-01-5901]へ
問合せ受付時間:月曜日~金曜日9時~17時(土・日曜日、祝休日を除く)
※3月15日(木)までは受付時間は20時まで
※2月18日・25日、3月4日・11日の各日曜日は利用できます。
●マイナンバーの記載が必要です!
税務署へ提出する申告書などにはマイナンバーの記載が必要です。その際には、申告されるご本人の本人確認書類の提示または写しの添付が必要です。
◇本人確認を行うときに使用する書類の例
例1:マイナンバーカード(個人番号カード)のみ
例2:通知カードと身元確認書類(運転免許証、公的医療保険の被保険者証など)
●共通
問合せ:朝霞税務署 【電話】467-2211

問合せ:
市・県民税の申告…課税課 内線2234
所得税の申告…朝霞税務署 【電話】467-2211

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル