ユーザー登録
文字サイズ

広報しき 平成30年11月号

平成29年度市職員の給与及び不祥事防止の取組状況

9/71

埼玉県志木市

■市職員の給与・定員管理の状況
市では、最小の職員数で最大の効果を上げるための、志木市定員管理計画を策定しています。これを基本に、今後も限られた予算と人員の中で行政サービスの提供を図っていきます。

▼歳出に占める人件費の割合は減少
平成29年度の歳出のうち、人件費は14.9%でした。平成28年度は15.0%であったため、歳出に占める人件費の割合は前年度と比較して0.1%減少しています。


※市長、副市長、市議会議員の給料・報酬などを含む

▽市長の給料は県内で2番目に低い水準
志木市長の給料月額は、さいたま市を除く県内39市の中で、37番目となっており、下から2番目に低い水準となっています。(注)給与条例に基づく(特例条例などによる減額措置の影響額を除く)

▼平均給料月額は、314,000円
職員の平均給料月額は、国家公務員を学歴別、経験年数別に区分し、その区分ごと平均給料と比較するラスパイレス指数とは異なり、各自治体が算定した平均給料であるため、職員の平均年齢による差が現れます。志木市の場合は、近隣市と比較して、職員の平均年齢は高くなっていますが、計画的な定員管理により、若い職員の割合が増えていることから、平均給料月額は中位にあります。

※「平成30年度埼玉県下市職員の給料手当等の調査」から引用

▼県内で5番目に低い、ラスパイレス指数
ラスパイレス指数とは、4月1日現在での国家公務員の平均給料月額を100とした場合の地方公務員の給料の程度を、指数で表すものです。平成29年4月1日時点のラスパイレス指数をみると、さいたま市を除く県内39市の平均は100.2ポイントです。志木市は98.0ポイントで、さいたま市を除く県内39市の中で下から5番目に低い指数となっています。

■不祥事防止に関する取組の状況
公益通報制度の運用状況などを公表します。今後も、職員一人ひとりの自覚を高め、不祥事防止のさらなる徹底を図ります。
▼公務員倫理(コンプライアンス)研修:計4回(平成29年7月26日、8月31日実施)
▼公益通報:0件

問合せ:人事課
【電話】内線2113

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル