ユーザー登録
文字サイズ

広報しき 平成29年10月号

10月は、乳がん月間です

10/111

埼玉県志木市

乳がんは、乳腺にできるがんで、日本人女性の11人に1人が乳がんに罹患(りかん)すると言われています。近年、若年層で乳がんの罹患及び50歳以上での死亡が増加している傾向にあり、乳がんは若年層を含めた女性にとって大きな問題となっています。
乳がんは、早期に発見し、治療すれば多くが治る病気です。早期発見のため、月1回のセルフチェックを習慣づけましょう。また、セルフチェックとあわせて、必ず定期的にがん検診を受けましょう。

▼セルフチェックのタイミング
•入浴時に石鹸(せっけん)などをつけると行いやすいです。
•月経がはじまって、5~7日目に行いましょう。
•閉経後の人や子宮の手術後の人は、毎月同じ日に行いましょう。

▼セルフチェックのポイント
1)鏡の前でチェック
□ 乳房に気になるところはありませんか?
•左右違うところがある
•ひきつれ、くぼみがある
•赤く腫れている
•皮膚が厚く毛穴が目立つ
□ 乳頭に気になるところはありませんか?
•ただれている
•引っ張ったように違う方を向いている
•以前に比べ、引っ込んでいる
•少しつまむと分泌物がある
2)触ってみて
□ しこりや部分的に硬いところはありませんか?
□ 前に触ったときと違うところはありませんか?
3)全体をくまなくチェック
仰向けに寝て、それぞれの乳房の下に枕を入れてまんべんなく触れてみます。
4)毎月セルフチェック
少しでも変だと感じたら専門医の診察を受けましょう。

▼乳がん検診受診の状況
志木市では、平成26年に乳がんで亡くなった人は17人いました。
乳がんでの死者を減らすためには、早期発見し、早めに受診することが大切です。
志木市の乳がん検診の受診率は、平成28年度は21.3%であり、国の目標値50%を大きく下回っています。
自身の健康を守るため、セルフチェックの実施とあわせて、必ず定期的に検診を受けるようにしましょう。

志木市乳がん検診受診率

※10月15日(日)開催の「健康まつり」において、セルフチェック用グローブを先着100人にプレゼントします。
※志木市の乳がん検診(毎年5月~2月に実施)の受診方法については、「健康インフォメーション」や市ホームページでご確認ください。

問合せ:健康政策課 内線2479

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階