ユーザー登録
文字サイズ

広報しき 令和3年1月号

くらしの情報「くらし」(1)

18/35

埼玉県志木市

◎新型コロナウイルス感染症の状況により、イベントなどが中止・延期となる場合があります。
詳しくは、市ホームページなどをご覧ください。

■第二福祉センター年始の休館日
休館日:1月1日(金)~3日(日)
※日曜日、祝休日、1月4日(月)は、お風呂の利用はできません。
※お風呂の利用は予約制です。来館または電話で受付します。

問合せ:第二福祉センター
【電話】048-476-4122

■シニアボランティアスタンプを買物券に交換できます!
1月4日(月)からシニアボランティアスタンプの交換申請を受け付けます。
※シニアボランティアスタンプ制度は、元気な65歳以上の人が、市が指定する地域貢献活動や介護ボランティアに参加した場合に、一定のポイントを加算し、たまったポイントに応じて、地域で使える買物券に交換できます。
交換期間:1月4日(月)~3月31日(水)
場所:長寿応援課(第1庁舎)
※本人が直接手続き(各出張所では不可)
対象:12月31日までに取得した換金対象となるスタンプが10スタンプ以上たまった人
※10スタンプ単位で500円の買物券として交換します(上限100スタンプ5,000円分)
※10スタンプに満たない場合は、翌年に繰り越します。
※要支援・要介護認定を受けている人、総合事業対象者になっている人、生活保護制度を利用している人、介護保険料の滞納がある人は対象となりません。
持ち物・必要なもの:シニアボランティアスタンプ手帳

問合せ:長寿応援課
【電話️】内線2423

■1月10日は110番の日
県警察では、1月10日を「110番の日」として、110番通報の正しい利用を呼びかけています。
各種照会や間違い、いたずらなどによる110番通報が、本来緊急を要する事件・事故への対応を遅らせています。急を要さない要望・相談・各種照会などは、けいさつ総合相談センターまたは朝霞警察署までお電話ください。

問合せ:
けいさつ総合相談センター【電話】048-822-9110
朝霞警察署【電話】048-465-0110
※夜間、土・日曜日、祝休日は当直担当

■田島ケ原サクラソウ自生地で草焼きを実施します
さいたま市では、国指定特別天然記念物「田島ケ原サクラソウ自生地」で、サクラソウの芽吹きを促進するため、草焼きを実施します。煙や降灰の発生が予想されますが、貴重な文化財の保護のため、ご理解をお願いします。
日時:1月13日(水)9時~16時(予定)
※天候などにより延期する場合があります。
場所:田島ケ原サクラソウ自生地(桜草公園内[さいたま市桜区大字田島ほか])

問合せ:さいたま市文化財保護課
【電話】048-829-1723

■市独自の緊急経済対策の申請期限延長のお知らせ
市独自の緊急経済対策(志木市緊急店舗賃借料補助金、志木市テイクアウト等事業転換支援事業補助金、志木市個人事業主支援金)の申請期限を、2月26日(金)まで(郵送必着)延長します。申請はお早めにお願いします。

問合せ:産業観光課
【電話️】内線2161

■迅速な119番通報とAED使用に対して感謝状を贈呈
志木消防署では、迅速な119番通報とAEDを使用して救命処置を行った市内在住の及川さん、細田さんに対し、川幡消防署長から感謝状を贈呈しました。
及川さんと細田さんは、屋外で人が倒れていると家族から聞き、すぐに現場に駆けつけ、細田さんは119番通報、及川さんはご自身の営む会社に設置してあるAEDを使用するなど、連携して救命処置を実施しました。
お二人は「急なことでびっくりしたけれど、119番通報の電話口の方が、具体的に指示してくれたので、落ち着いて行動できました。」と話していました。

問合せ:志木消防署消防課
【電話】048-472-0812

■リチウムイオン電池の火災にご注意ください
リチウムイオン電池は、電子機器や携帯バッテリーなど、さまざまな製品に使用されていますが、充電中や機器使用中に発火し、火災となる事例が増えています。
リチウムイオン電池の中には燃えやすい液体が入っているため、使用方法を誤ると発火する危険性があります。詳しくは、消防本部ホームページをご覧ください。
□火災を防ぐために
・充電するときは、必ず専用アダプタ・電源コードを使用する。
・高温になる場所に放置しない。
・落下などで大きな衝撃を加えないよう、丁寧に取り扱う。
・処分する際は、家電量販店、ホームセンター、携帯電話ショップの回収ボックス(リサイクル)を利用する。

問合せ:埼玉県南西部消防本部予防課
【電話】048-460-0121【HP】https://www.kennanseibu119.jp/firedepartment/

■発達障害者就労支援センター(ジョブセンター)を紹介します
県では、就労を希望する発達障がい者に対して、就労相談から、職業能力評価、就労訓練、就職活動支援、職場定着までを支援します(要事前予約)。
場所:県内4か所(ジョブセンター川口、草加、川越、熊谷)
対象:医師の診断や障がい者手帳の有無にかかわらず、コミュニケーションに自信がない、思いどおりにいかないと混乱してしまうなどが原因で、就職に困難を感じている人

問合せ:ジョブセンター川越
【電話】049-249-8772

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階