ユーザー登録
文字サイズ

広報しき 令和3年1月号

〈特集2〉健康寿命日本一を目指して 健康づくりプロジェクト進行中!

2/35

埼玉県志木市

市では、人生100年時代を見据え、健やかで心豊かに生活できる活力ある社会の実現を目指すため、健康寿命の延伸や医療費の適正化など、超高齢社会に対応した市民の主体的な健康づくりを支援するプロジェクトに取り組んでいます。

■おいしく減塩!「減らソルト」プロジェクト
国や県に比べて血圧の基準値を上回る人の割合が高い状況にある本市では、平成29年度から減塩をキーワードにした「おいしく減塩!『減らソルト』プロジェクト」に取り組んでいます。
□「減塩」=「減らソルト」が大切です
塩分を摂りすぎると血液中のナトリウムを薄めようと血液中の水分が増え、たくさんの血液を身体に巡らせるために血管に圧力がかかり、高血圧となります。多くの人は特に自覚症状はありませんが、塩分過剰が続くことで引き起こされる高血圧は、体に徐々にダメージを与え、脳卒中や心筋梗塞などのリスクを高めます。

□民間企業や市民団体、大学との連携
減塩の必要性や減塩意識の醸成のため、大東ガスやハウスグループ本社、ヤオコーなどとの連携により、民間企業が持つ施設やノウハウを生かし、赤ちゃんから高齢者まで、ライフステージに応じた減塩事業に取り組んでいます。

■おいしく減塩ポイント
□食べ方減らソルト
(1)麺類の汁はなるべく残そう
醤油ラーメンのスープを全部飲み干した場合→塩分7.1g、半分残した場合→塩分4.2g

(2)塩分の多い食品は控えよう
佃煮(つくだに)や漬物などは少量でも塩分が多いため、食べる回数を減らすことからはじめましょう

(3)調味料はかけるより“つけよう”
小皿に少量出して、素材の味が消えない程度につけて食べましょう

(4)パッケージの食塩相当量をチェックしよう
食塩相当量(g)=ナトリウム量(mg)×2.54÷1,000

□作り方減らソルト
(1)旬の食材を選ぼう
素材自体のうまみが強く、少ない調味料でおいしく食べられます

(2)香りを活用しよう
香味野菜や香辛料、柑橘(かんきつ)果汁などは、塩分をほとんど含まず、味にアクセントがつきます

(3)酸味を効かせよう
酢やケチャップなどの酸味は、少ない塩味でも味を際立たせます

(4)みそ汁、スープは具だくさんにしよう
汁には塩分が多く含まれますが、具だくさんにすれば汁の量を減らせます

◎厚生労働省が推奨する1日の食塩摂取量の目標は、
成人男性7.5g未満、成人女性6.5g未満です。高血圧の人は6g未満を目指しましょう!
(出典:女子栄養大学出版部「第4版塩分早わかり」)

■3,000人が参加中!健康寿命のばしマッスルプロジェクト
国や県と比べて脳血管疾患や心疾患による死亡率が高く、非肥満者のリスク保有者も多いという本市の特徴を踏まえ、健康寿命の延伸と医療費の抑制を目標に、平成27年度から「健康寿命のばしマッスルプロジェクト」を展開しています。
□医療費抑制効果1人あたり年間約48,000円
プロジェクトに5年間参加している人の実施効果と医療費への影響は、事業参加者1人あたり平均で約48,000円の抑制効果がありました。特に、高血圧や糖尿病などの慢性疾患を複数もつ人の医療費は大きく削減されています。
この結果は、プロジェクト参加者皆さんの積極的な健康活動による成果だと考えられ、健康づくりに対する意識の高さがうかがえます。

平成27年度からの継続参加者の医療費への効果

□運動の継続とバランスの取れた食事が重要です
いろは健康21プラン推進事業実行委員会委員長 了徳寺大学 山下和彦(やましたかずひこ)教授
新型コロナウイルス感染症の流行で運動量が減ると、睡眠障害の増加や糖尿病などの重症化が心配されます。これまでの参加者の外出した際の平均歩数を解析すると、70歳未満の人の歩数の減少が大きく、70歳以上の人には大きな変化は見られません。さらに、端末にタッチする回数は、どの年齢層も減少しており、外出頻度が減っていることが心配されます。
志木市の疾病構造分析からは、心疾患は40歳から、脳血管疾患は50歳から急増します。予防のためには、毎日の皆さんの目標歩数を目指す運動を継続し、おいしくバランスの取れた食事を摂ることが重要です。今年もさまざまな勉強会を開催していますので、良い知識を取り入れながら、元気に活動を継続していきましょう。

□【健康×防犯】見守りポイントが新たに追加!
放課後、児童が帰宅する平日16時から18時の間に、事業参加者が端末の「見守る」ボタンを押すことでポイントが付与されます。小学生を見守る皆さんの目が、志木っ子たちの安全・安心につながります。

□自主サークルが感染症対策をしながら現在も活動中!
・『NORDIC むねおか』
活動日:月曜日 月3回 13時30分~15時30分
活動拠点:宗岡公民館、総合福祉センター、秋ケ瀬スポーツセンター
申込み・問合せ:代表 中垣(なかがき)【電話】090-7631-3740

・『NORDIC しきの森』
活動日:木曜日 月3回 13時30分~15時30分
活動拠点:市民体育館
申込み・問合せ:代表 鈴木(すずき)【電話】090-8017-7836

・『NORDIC ステップ志木』
活動日:土曜日 月3回 9時30分~11時30分
活動拠点:いろは遊学館
申込み・問合せ:代表 岩波(いわなみ)【電話】080-8825-5280

問合せ:健康政策課
【電話】内線2477

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階