ユーザー登録
文字サイズ

広報しき 令和2年3月号

3月は自殺対策強化月間「大切にしようたったひとつのこころといのち」

7/63

埼玉県志木市

3月は卒業・職場環境の変化など、皆さんのライフスタイルが大きく変化する時期です。そのため、ストレスを強く感じやすく、心身ともに不調をきたしやすい時期でもあります。ストレスからうつ病などの精神疾患を発症し、正常な判断ができない状態になることで、自殺に至るケースも少なくありません。
また、不眠がある人は、不眠のない人に比べ、うつ病を発症するリスクが高くなると言われています。この機会に、自分の生活習慣やこころと向き合ってみませんか。

■日々の自分の睡眠について振り返ってみましょう
人間にとって、活動するエネルギーを充電するための睡眠はとても大切です。
左のチェック項目に一つでも当てはまる場合は、エネルギーが底をつく前に、働き方を見直したり、ぬるめのお湯での入浴や音楽などでリラックスする、趣味など自分のための時間を確保するなどし、生活習慣を見直しましょう。
□当てはまるものはありますか?
・寝つくまで30分以上かかる
・途中で何度も目が覚める
・起床後、熟睡感がない

■こころや心配ごとに関する主な相談機関

SNSやチャットで相談を行っている団体もあります。
詳しくは、紙面又はHP記載のQRコードからご確認ください。まずは誰かに相談してみませんか?

問合せ:健康増進センター
【電話】048-473-3811

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒104-0061 東京都中央区銀座3-4-1 大倉別館ビル5階