ユーザー登録
文字サイズ

広報しき 令和元年9月号

認知症になっても安心できる住みよい「志木市」のために

5/62

埼玉県志木市

9月は世界アルツハイマー月間として、全世界的に認知症に関する普及啓発の取組が行われています。認知症は、近い将来、高齢者の5人に1人が発症すると予想されている、誰でもかかる可能性がある身近な病気です。
世界アルツハイマー月間である9月に、認知症を「自分ごと」として一度考えてみませんか?

■認知症は脳の病気
認知症とは、脳が損傷を受けたり、働きが悪くなることで認知機能が低下し、さまざまな生活の難しさが現れる状態をさします。
予防には、(1)有酸素運動、(2)趣味など生活を楽しむ、(3)規則正しい食生活と十分な水分摂取、(4)人と交流する、(5)歯の健康維持といった5つの習慣が重要とされています。

■知ってつながる認知症(認知症ケアパス)を配布しています
認知症の方やそのご家族が安心して地域で暮らすことができるよう、認知症の症状や段階に応じて受けることができる、医療・福祉・介護のサービスをまとめた手引きを配布しています。

■地域で広がる「認知症サポーター」
市では、認知症について正しく理解し、認知症の方やそのご家族を温かく見守る「応援者」となる認知症サポーターを養成し、地域での見守りの輪が広がるよう取り組んでいます。
また、市職員全員が手助けができるよう、職員向けの認知症サポーター養成講座を実施するほか、「大切な未来の支え手」として、市内小・中学生を対象に認知症サポーター養成講座を毎年実施しています。
さらに、町内会や職場などでサポーター養成講座を開催する際は、講師の派遣を行っていますので、長寿応援課までお問い合わせください。

■~認知症になっても安心してひとり歩きができるまち~
認知症の方が道に迷った場合を想定した訓練を実施しています高齢者あんしん相談センターでは、認知症の方が道に迷っている場面(迷い人)を想定した訓練を地域で実施しています。「こんにちは、何かお困りのことはありませんか」・・・あなたのひと声に救われる人がいます。詳しくは、各高齢者あんしん相談センターへお問い合わせください。

■認知症カフェ認知症の方やそのご家族、地域住民、専門職などが気軽に集い、お互いの悩みを話したり、情報交換をしながら楽しく過ごす集いの場として開かれています。

問合せ:長寿応援課
【電話】内線2424

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル