ユーザー登録
文字サイズ

広報しき 令和元年9月号

まちのできごと

58/62

埼玉県志木市

※写真は、紙面及びHPでご覧下さい。
市Facebookでも、イベントで撮影した写真を掲載しています!
URL:https://www.facebook.com/shikicity

■祭りの熱気に包まれた2日間
7月20日(土)・21日(日)、敷島神社祭典の活気あるみこしがまちを練り歩き、お祭りムードが高まるなか、民踊流しや志木市郷土芸能フェスティバル、しきアロハ商店会の夏祭りイベントが同時に開催されました。
志木のまちは、多くの人でにぎわい、梅雨空を吹き飛ばすくらい大いに盛り上がりました。

■夏休みの思い出に親子で料理
8月8日(木)、いろは遊学館で、食生活改善推進員協議会によるおやこの食育教室が開かれました。
参加した13組29人の親子は、食品ロスについて学んだ後、2種のロールサンドや豆サラダ、牛乳ココアプリンなどを作り、改めて親子で「食」について考える機会となりました。

■ご当地ナンバープレート交付開始
志木市のさらなる認知度向上のため、(公財)志木市文化スポーツ振興公社の公式キャラクターで、市広報大使を務めるカパルが監修したカパルのご当地ナンバープレートを作成しました。
8月1日(木)、カパルのご当地ナンバープレート交付開始を記念して開催した交付式では、多くの観覧者が見守る中、カパルからバイク所有者へ手渡しによるナンバープレートの交付が行われました。

■交通事故の恐ろしさを実感
7月2日(火)、宗岡第二中学校で、プロのスタントマンが実際に起こり得る交通事故を再現することで交通ルールなどを守ることの大切さを体感させるスケアード・ストレイト交通安全教室を実施しました。
生徒の皆さんは、目の前で再現される交通事故の模様や事故につながる危険な行為、事故の発生しやすい状況などを真剣な眼差しで見学し、交通事故の恐怖を実感することで交通ルールを守ることの大切さを再確認しました。

■子ども大学しきで学ぼう!
十文字学園女子大学、NPO法人アンサーズネット、市教育委員会の三者が一体となって実施する子ども大学しきの入学式が、8月3日(土)、十文字学園女子大学で行われました。
また、早速1回目の「はてな学」講義が行われ、「やってみよう!プログラミング」をテーマに、安達一寿(あだちかずひさ)教授(十文字学園女子大学人間生活学部メディアコミュニケーション学科)や大学生サポーターとともに、ゲームやキャラクターを作成しました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル