ユーザー登録
文字サイズ

広報しき 令和元年7月号

まちのできごと

65/68

埼玉県志木市

※写真は、紙面及びHPでご覧下さい。
市Facebookでも、イベントで撮影した写真を掲載しています!
URL:https://www.facebook.com/shikicity

■市制施行50周年に向けて
5月17日(金)、市民会館で、志木市市制施行50周年記念事業実行委員委嘱状交付式を行いました。
2020年、市制施行50周年の大きな節目を迎える記念すべき年を盛大に祝うために、総勢109人の実行委員がさまざまな事業を展開していきます。
50周年記念事業の公式ホームページでは、50周年事業に関する情報を発信していますので、ぜひご覧ください。

■大盛り上がりの全国大会
5月19日(日)、「志木いろはウォークフェスタ2019第5回ノルディックウォーキング・ポールウォーキング全国大会」が、市内全域を会場として開催されました。
当日は天気にも恵まれ、過去最大の1,086人の参加者が、2キロから20キロまでの各コースに分かれて歩きました。
また、メイン会場となったいろは親水公園では、大道芸やカパルのパフォーマンスがあり、新河岸川左岸の船着場では、カヌー体験も行われ、大会参加者や親子連れが楽しんでいました。

■志木市の歴史を知る
5月26日(日)、いろは遊学館で、前志木市文化財保護審議会会長の神山健吉(かみやまけんきち)さんを講師に、志木のまち歴史公開講座が開催されました。
彰義隊(しょうぎたい)と志木市域の関係などを中心に、神山さんによる講義を聞き、会場にいる皆さんは改めて志木市の歴史を知る機会となりました。

■柏町をあるく
6月2日(日)、志木のまち案内人の会主催「柏町をあるく(志木のまちご案内)」が開催されました。
志木のまち案内人の会の皆さんによる解説を聞きながら、旧舘村本村(たてむらほんむら)、大塚、旧中野村近辺などを巡り、宝幢寺(ほうどうじ)では普段見ることができない梅の襖絵(ふすまえ)について、ご住職より説明があり、参加者の皆さんは見入っていました。

■いざというときに備える
5月17日(金)、いろは親水公園でははじめてとなる、集中豪雨による洪水、内水氾濫などに備え、防災体制の万全を期すために「志木市水防訓練」を行いました。
志木市建設業防災協力会、志木市消防団、埼玉県南西部消防本部志木消防署、市職員の総勢150人が参加し、可搬式排水ポンプの運転操作や救助艇組立・オール航行訓練及びスローバック取扱い訓練を実施しました。

■スポーツに親しむ!
6月2日(日)、市民体育館で開催された「チャレンジスポーツ~バドミントンを楽しもう!~」。
当日は、91人の参加者が集まり、日本A代表のコーチを務めている中西洋介(なかにしようすけ)さんの指導のもと、参加者の皆さんはバドミントンを基礎から楽しく学び、スポーツに親しみました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル