ユーザー登録
文字サイズ

広報しき 令和元年10月号

まちのできごと

63/67

埼玉県志木市

※写真は、紙面及びHPでご覧下さい。
市Facebookでも、イベントで撮影した写真を掲載しています!
URL:https://www.facebook.com/shikicity

■カッパー車始動!
市では、国が提唱する3R(リデュース・リユース・リサイクル)に、マイバッグ・マイボトルなどを使用し、ごみになるものは断る「Refuse(リフューズ)」を加えた「4R」を独自に推進しています。
4R推進を強化するため導入した、家庭系一般廃棄物収集運搬を行うごみ収集車(パッカー車)にカパルと4R推進をデザインした「カッパー車」のお披露目式が、9月1日(日)、第33回チャリティーいろは市内で行われました。

■音楽とダンスと熱気があふれる祭典に
9月1日(日)、本町通りにおいて第33回チャリティーいろは市が開催されました。オープニングサンバで幕が開き、ヒップホップダンス、フラダンス、阿波(あわ)踊り、大宮アルディージャサッカー教室、いろはステージなどたくさんの催しが行われ、多くの人でにぎわいました。
そして、恒例のサンバパレードがはじまると盛り上がりは最高潮に達し、会場は熱気に包まれました。

■かわいい人形たちの劇場
9月7日(土)、いろは遊学図書館によるお楽しみ劇場が行われました。
たけのこ文庫による「ぐりとぐらのかいすいよく」と人形劇団あかおにによる「いっすんぼうし」が行われ、まるで人形が話しているような劇に子どもたちは夢中になっていました。

■吉田の火祭り
市では、山梨県富士吉田市と「文化・観光交流協定」を結び、観光交流を行っています。その一環で志木市をPRすることを目的に、8月26日(月)、富士吉田市で行われた吉田の火祭りに志木市広報大使のカパルが参加しました。
この吉田の火祭りは、夏の富士山の山仕舞いを意味する祭りで、国の重要無形民俗文化財に指定されています。約90本ある高さ3メートルの筍型(たけのこがた)に結い上げられた大松明や家ごとに井桁に積まれた松明に一斉に点火されると、街中が茜(あかね)色に染まり、幻想的な光景が広がりました。

■今年もおいしいお米ができました
9月14日(土)、秋ケ瀬総合運動場付近の田んぼで、「田んぼ体験ツアー」の稲刈り体験が行われました。長雨の影響が心配されましたが、5月にみんなで植えた苗が元気に大きな穂をつけてくれました。
主催者の宗岡コシヒカリクラブの皆さんの指導のもと、一生懸命稲を刈り、最後には新米でできたおにぎりをおいしくいただきました。

■メットライフドームでカパルが観光PR
市では、株式会社西武ライオンズと連携協力に関する基本協定を締結しており、フレンドリーシティとしてさまざまな協働事業に取り組むことを通じて、地域社会の発展などに努めています。
8月13日(火)、メットライフドームでのフレンドリーシティ感謝デーの開催に伴い、カパルやフレンドリーシティのゆるキャラたちが一堂に会し、市の観光PRを行いました。

<この記事についてアンケートにご協力ください。>

〒103-0013 東京都中央区日本橋人形町2-21-11 山竹ビル